キャバクラの種類について語ろうか・・・
RSS icon Email icon
  • キャバクラとは

    キャバクラを知らない人はいないのではないでしょうか。

    キャバクラはそれくらい今では人気になっています。

    たとえ、キャバクラに行ったことがない人でも、風俗を好きではない人もキャバクラという風俗の名称は行っていることと思います。

    まぁ、風営法上の風俗という意味ですが。

    一般的にいう風俗は上野 風俗に掲載されているようなお店ですね。

    キャバクラは、お店でテーブルに座って、その隣に女の子(キャバクラ嬢)が座って、楽しく接待されるのです。

    では、風俗ではないのか? というと、やはり風俗なのです。

    「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風適法)」の風俗営業の規制が適用されるのです。

    キャバクラのサービスを考慮すると、ソープランドやデリヘル、その他の性的なサービスを提供する風俗と比較すると風俗らしからぬものでもありますが、風俗であるのです。

    また、上手なキャバクラの遊び方の1つとしては、女の子との出会いを楽しむのもありでしょう。

    なかなかお気に入りの女の子と恋愛やお付き合いをしたりというところまで関係が発展するのも難しいところですが、全くそうした関係になるのも可能性がないわけでもないのです。

    女の子にとってもキャバクラは出会いの場となりえるので、神戸 風俗求人などで働き始めた女の子も、キャバクラと兼業という場合が多いそうです。

     

    キャバクラとクラブの違い

    キャバクラという名称は、キャバレーというフランス語とクラブという英語を合わせた造語です。

    その二つの中間あたりの、どちらにも分類できないような業態w示していると考えられます。

    さて、クラブというのもキャバクラと同じように、酒を店で飲むわけです。

    ボトルをキープして、テーブルに女の子(ホステス)が座って楽しく会話して酒を楽しむというものです。

    この辺りは基本的にはキャバクラもクラブも同じようなところです。

    ただ、異なっているのは料金体系と言われています。

    クラブの会計というのは、基本的には料金体系が明確でないのです。

    この辺りは、以前からクラブにおける問題点の1つ当ところでしょう。

    つまりは、どのあたりに料金が加算されているのか? というところがわからないのです。

    その点を改善したのもキャバクラと言えます。

    キャバクラの1つの売としては、明朗な会計ということです。

    来店にはいくらかかって、指名にはいくらが必要で、ドリンクはいくらなのか? というところが決まっています。

    アフターや同伴出勤の料金も決まっています。

    この点は、キャバクラが人気が出た1つなのではないかと思うのです。

     

    さて、ここまで一般的なキャバクラについて書いてきましたが、これに近い業態でピンサロやセクシーキャバクラというのがあります。

    五反田 風俗にはどちらも掲載されていますので、普通のキャバクラよりも刺激を求める方にはいいかもしれません。

    また、女性の場合はいわゆる営業活動などを積極的にしなくていいので、京都 風俗求人などでも根強い人気があるのだそうです。